PMS,月経前症候群,過食,拒食,改善,治す

スポンサードリンク

PMS時に過食・拒食になるのには理由があります。

PMS,月経前症候群,過食,拒食,改善,治す

 

PMS(月経前症候群)の影響で、女性にとって深刻な
症状と言えるのが過食・拒食になるのではないでしょうか?

 

PMS(月経前症候群)時に過食・拒食になってしまうのには
理由があります。

 

それは血糖値にあるのです。

 

普通人は血糖値が下がると、脳の働きを維持するために空腹のサインをだしてきます。

 

その空腹のサインを出すタイミングがPMS(月経前症候群)によって狂ってしまう、
それが過食・拒食の状態になるのです。

 

 

あなたのPMS(月経前症候群)が改善できる3つの理由!

 


PMSが過食・拒食の状態をつくりやすい!

PMS,月経前症候群,過食,拒食,改善,治す

 

普通の状態は血糖値が90mg/dのあたりで空腹のサインを
だしますが、PMSのときは100mg/dほどででてしまいます。

 

そのため、頻繁に空腹を感じ過食になるきっかけを
つくってしまうのです。

 

また問題はそこから発展して拒食になってしまう事が
あるというところです。

 


飴玉などでゆっくりと血糖値をあげていきましょう。

 

ダイエット中であったり、そういった美意識などにこだわりがある若い女性などは、月経の前後に
過食をし、そして、むくんだりすると大きな罪悪感を感じてしまいます。

 

そこから過激なダイエットに走ってしまったり、拒食に転じてしまう可能性が無いとも言えません。

 

そこで、まずは過食にならないようにする、その為には空腹を感じたからといって、おにぎりやパン、
ケーキなどを食べる事はせず、飴玉などでゆっくりと血糖値をあげて対応していきましょう。

 

 

PMS(月経前症候群)は自分で改善できる!

 

スポンサードリンク



PMS(月経前症候群)と過食・拒食関連エントリー

PMS(月経前症候群)と子育て
PMSの症状がある人が子育てをするというのはつらい事が多いかと思います。子育ては大変なのに、PMSの身体の不調が加わってしまうと、さらにストレスがかかってしまうことになります。
PMS(月経前症候群)と生理不順
PMS(月経前症候群)の症状で困っている女性の多くは生理不順で悩んでいることも多く、生理痛も重いという人が多いのです。
PMS(月経前症候群)と過食・拒食
PMSで過食になってしまうのは理由があります。PMSで血糖値が下がると、脳の働きを維持するため空腹のサインが出ます。その空腹のサインのタイミングが狂ってしまい、過食の状態になるのです。
PMS(月経前症候群)と「むくみ」
むくみは女性にとって数多い悩みの一つと言えると思います。日常的にむくみになやむ女性も多いと思いますが、そのむくみはもしかしたら、PMSからくるものかもしれません。